【金昇格予想】WE2020で金昇格が楽しみな10選手

欧州主要リーグも終了し、夏の移籍とWE2020へのアップデートが楽しみですね。

去るWE2019へのアップデートは2018年12月でしたが、2019年2月には一部選手の能力値が変更され、黒昇格した選手も何人かいましたね。

シーズン終了ということで、アップデートによる選手の能力値やレアリティ変化の可能性も高いのではないかと思います。

そこで今回は、18−19シーズンを総括し、金昇格が楽しみな選手を10選手、ピックアップしてみました!

金昇格選手は結構な数いると思うので今回は特に楽しみな選手をピックアップしています。一応、次点もあげていますよ。

選手選定にあたっては、Whoscoredを参考にしています。

ぜひ最後までご覧ください!

マラング・サール(CB/ニース)

シーズンレーティング(Whoscored):6.85

今シーズンレギュラーとしてニースの躍進に貢献し、「クリバリ2世」と呼ばれるまでに成長した「マラング・サール」。

敏捷性とフィジカルの強さを兼ね備えた若きCBで、WE2019では銀玉最強です。

アーセナルが獲得を検討しているとの噂もあり、今後のステップアップが楽しみです。

紹介記事▶︎【マラング・サールの確定スカウト&能力値】アプデで大幅強化!ニースの機動力に優れたCB

 

オレクサンドル・ジンチェンコ(/マンブルー)

シーズンレーティング(Whoscored):7.19

今シーズンのマンチェスターシティでLSBとしてコンスタントに出場機会を増やした若きSB。

出場試合数自体はそこまで多くないですが、持ち前のテクニックや器用さで負傷離脱したメンディの穴を埋めました。

レーティングも考えると、金昇格の可能性もあると思います。

 

アーロン・ワンビサカ(RSB/サウスノーウッド)

シーズンレーティング(Whoscored):7.27

今シーズンのクリスタルパレスで頭角を現した「ワンビサカ」。

スピードと高いディフェンス能力が武器で、マンチェスターユナイテッドも獲得を検討しているとの噂です。

また、WE2019ではコンディション安定度:8と圧倒的な安定度を見せており、めちゃくちゃ強いRSBです。

WE2020ではどうなるのか、楽しみな選手の一人です。

紹介記事▶︎【ワン・ビサカの確定スカウト&能力値】ボール奪取とスピードに優れた有能銀玉RSB!コンディション安定度も抜群!

 

ウサム・アウアル(CMF/リヨン)

シーズンレーティング(Whoscored):7.05

今シーズンのリヨンでは7ゴール7アシストとなかなかの数字を残し、レーティングも7を超えた「アウアル」。

巧みなドリブルと相手の意表を突くパスが持ち味の彼のプレースタイルはイニエスタを彷彿とさせます。

マンチェスターシティがギュンドアンの後釜として獲得を検討していることもあり、今後の去就に注目です。

紹介記事▶︎【ウサム・アウアルの確定スカウト&新能力値】ウイイレアプリ2019では総合値+15!白玉から銀玉最強へ進化した若きテクニシャン!

 

ユーリ・ティーレマンス(CMF/イーストミッドランズ)

シーズンレーティング(Whoscored):7.14

今シーズン途中にモナコから岡崎慎司も在籍していたレスターにレンタル移籍した「ティーレマンス」。

シーズン途中加入だったので、13試合の出場に留まりましたが、3ゴール4アシストを記録。

プレーメイカーとしてレスターの中盤を攻守に支えました。マンチェスターユナイテッドやトッテナムなど強豪が獲得を狙う注目株です。

 

マルティン・エデガールト(OMF/フィテッセ)

シーズンレーティング(Whoscored):7.84

ノルウェーの神童と呼ばれたものの、レアルでは鳴かず飛ばずでレンタルで放出され、フィテッセで復活したのが「エデガールト」。

今シーズンは主力として、持ち前のテクニックを発揮。9ゴール4アシストを記録し、レーティングは驚異の7.84です。

すっかり真価を見せつけた「エデガールト」はレアルに戻るのか、今後の去就が楽しみですね。

 

ジョアン・フェリックス(OMF/ベンフィカ)

シーズンレーティング(Whoscored):7.52

銅玉ですが、期待を込めて金昇格の可能性がある選手としてピックアップしてみました。

今シーズンはベンフィカで26試合15ゴール7アシストを記録するなど、大ブレイク。

先を読むインテリジェンスの高さやテクニックを武器とし、NEXTロナウドと期待される選手です(ロナウドとはプレイスタイルも異なる気がしますが…)。

現在移籍金は150億円以上に設定されていますが、レアル・マドリードやマンチェスターシティが獲得を検討しているようです。

 

ジェイムズ・マディソン(OMF/イーストミッドランズ)

シーズンレーティング(Whoscored):7.20

ティーレマンスと同じくレスターでブレイクした元U-21イングランド代表「ジェイムズ・マディソン」。

今シーズンは38試合で7ゴール7アシストを記録するなど、ブレイクを果たしました。

マンチェスターユナイテッドを筆頭に、トッテナムやマンチェスター・シティ、アーセナル、リバプールも獲得を検討しているようです。

WE2020での強化が楽しみですね。

 

フェドル・チャロフ(CF/CSKAモスクワ)

シーズンレーティング(Whoscored):7.11

銀玉最強スパサブこと、ロシア代表CF「チャロフ」。

スピードと決定力が武器で、今シーズンは30試合15ゴールを記録し、見事得点王に輝いています。

アーセナルが獲得を検討するなど今後の去就が楽しみですね。

金昇格は割と濃厚なのではないかと思うのですが、ちょっと銀玉最強スパサブであって欲しかった気持ちもあります…

紹介記事▶︎【チャロフの確定スカウト&能力値】銀玉最強スパサブ?ウイイレアプリ2019ではスピードに優れたCFに進化!

 

クシシュトフ・ピョンテク(CF/ミラン)

シーズンレーティング(Whoscored):7.20

今シーズン、ジェノアとミランで得点を量産しブレイクした「ピョンテク」。

今シーズンが始まるまではほぼ無名だったにもかかわらず、ジェノアで19試合13ゴールとブレイクし、イグアインの抜けたミランに加入。

ポーランド代表デビューも飾り、得点を決めるなど大きなステップアップを果たしました。

以上、18−19シーズンを総括し、金昇格が楽しみな選手を10選手、ピックアップしてみました!

いかがだったでしょうか?

その他、

チアゴ・メンデス、ブバカル・カマラ、デ・シーリョ、ケヴィン・マルキ、ムサ・シソコ、グエンドゥジ、ロフタス・チーク、ヤヌザイ、メイソン・マウント、ライアンフレイザーなども候補にあげましたが、個人的には前述の10名を金昇格が楽しみな選手としてピックアップしてみました。

この選手も金昇格するのではないか?というコメントもお待ちしております!

オススメ記事はこちら
最新情報をチェックしよう!