アプデ前後に獲得した選手、どっちを育成すべき?【金玉編】

2/7のアップデートで、選手の能力値などの変化がありました。

【能力値変化はこちら】

▶︎【2/7更新】黒昇格&黒玉選手の総合値・能力値UP等の変化まとめ

▶︎【2/7更新】金昇格&金玉選手の総合値・能力値UP等の変化まとめ

 

一方、手持ち選手の能力値は更新されなかったので、アプデ前に獲得した選手とアプデ後に獲得した選手のどっちを育成すべきか迷っている方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回はアプデ前後に獲得した金玉選手のどっちを育成すべきかを紹介したいと思います。また、アプデ後に特に強化された選手を何人か紹介したいと思います!

紹介にあたり、

アプデ後育成:アプデ後に獲得した方を育成すべき選手
要検討:すでにレベルMAXを持っている場合は無理して育成しなくても良い選手
アプデ前育成:アプデ前に獲得した方を育成すべき選手

に分けて紹介したいと思います!

ぜひ、今後の育成の参考にしてみてください!

 

アプデ後育成

選手名総合値ポイント
ベルナルデスキ84(+1)ボルコンやドリブルなど、能力値が全体的にアップ。
マンジュキッチ84(+1)決定力とボディコンがアップ。
ザハ84(+1)オフェンスセンス、ボルコンやドリブルなど、能力値が全体的にアップ。
トレイラ84(+3)ボルコンやボディコンなど、能力値が全体的にアップ。ディフェンスセンスは+13!
アラン84(+2)ボルコンやドリブル、ディフェンス能力など、能力値が全体的にアップ。スーパーサブとキャプテンシーのスキル追加。コンディション安定度は8にアップ。
イアゴ・アスパス84(+2)CF登録に変更。決定力は下がったものの、ライジングシュートなど6のスキルが追加。
メンフィス・デパイ84(+1)CFが本適正に変更。ボルコンやドリブルなどがアップ。
アントニオ・リュデイガー84(+2)ヘディングやディフェンスセンスに加え、スピードもアップ。
カンセロ84(+3)ボルコンやドリブルなど、能力値が全体的にアップ。ピンポイントクロスなど2のスキルが追加。
ストロートマン83(-)ボルコンやパス能力はダウンしたものの、スピードや瞬発力が大幅アップ。マリーシアなど2のスキルが追加。
ジョバニ・ロ・セルソ83(+1)スピード瞬発力はダウンしたものの、オフェンスセンスやドリブルなどがアップ。ダブルタッチなど5のスキルが追加。
リシャルリソン83(+1)決定力やヘディングが大幅アップ。スピードもアップ。
キンペンベ83(+1)パス能力やヘディング、ボール奪取など全体的に能力がアップ。
バンジャマン・メンディ83(+1)パス能力やディフェンス系能力などが全体的にアップ。
ウィルマル・バリオス82(+1)瞬発力やドリブルはダウンしたものの、ディフェンスセンスやボール奪取、スタミナがアップ。コンディション安定度は8にアップ。ダブルタッチと軸裏ターンのスキルが追加。
マタ82(+1)決定力やプレースキックなどがアップし、ボディコンは+23。
ルーカス・モウラ82(+1)オフェンスセンスやボルコン、スピード、瞬発力がアップ。ディフェンス系能力がダウン。
タンギ・ヌドンベレ82(+2)ボルコン、グランダーパス、ディフェンスセンス、スタミナがアップ。ダブルタッチやワンタッチパスのスキルが追加。
アンドリュー・ロバートソン82(+1)ディフェンスセンスやボール奪取、スピードなどがアップ。
ニコロ・バレッラ81(+2)ディフェンスセンスやボール奪取が10以上アップ。ボルコンやドリブル、フライパスがダウン。
マタイス・デ・リフト81(-)ボルコンやボール奪取がアップ。キャプテンシーのスキルが追加。
バス・ドスト81(-)ディフェンスセンスやボール奪取がアップ。ワンタッチパスのスキルが追加。
ゾブニン81(+3)金昇格し、ディフェンスセンスやボール奪取が10以上アップ。ダブルタッチなど6のスキルが追加。
カイ・ハフェルツ80(+1)金昇格し、ボルコンやドリブル、スピードなどがアップ。
ジョーゴメス80(+2)金昇格し、ディフェンス系能力やスピードがアップ。ロングスローのスキルが追加。
サン=マクシマン80(+2)金昇格し、レベルMAXでスピード・瞬発力がカンスト。スーパーサブなど6のスキルが追加。
T.A.アーノルド80(+2)金昇格し、ディフェンス系能力やドリブル、グランダーパスがアップ。

 

アプデ後に特に強化された選手

アラン(ナポリ/CMF)

 

⑴スーパサブのスキルが追加!
⑵コンディション安定度が8にアップ!
⑶ボール奪取は92とディフェンス能力が高い!

 

ルーカス・トレイラ(アーセナル/DMF)

 

⑴ディフェンスセンス:91、ボール奪取は92とディフェンス能力が高い!
⑵グランダーパス:89とつなぎ役として機能しそう!

 

リシャルリソン(マージーサイドブルー/LMF)

 

⑴スピード・瞬発力:94と圧倒的なスピードが武器!
⑵決定力:91とフィニッシュ精度も高い!

 

ロマン・ゾブニン(スパルタク・モスクワ/CMF)

 

⑴ディフェンスセンス:92、ボール奪取:90とディフェンス能力が高い!
⑵ダブルタッチやワンタッチパスのスキルが追加!
⑶CMFにしてはスピードもあり!

 

ニコロ・バレッラ(アーセナル/DMF)

 

⑴テクニックとパス能力が光るプレーメイカー!
⑵ディフェンスセンスとボール奪取が強化され、ディフェンス能力も高い!
⑶CMFとしてはスピードもあり!

 

カイ・ハフェルツ(レヴァークーゼン/OMF)

 

⑴テクニックとパス能力が高く、2列目からの飛び出しのプレースキルがあるため、多くのチャンスを抄出してくれそう!
⑵スピード:93とスピードにも優れているため、ハーリットと似たタイプ!

 

サン=マクシマム(ニース/RWG)

 

⑴スーパサブのスキルが追加!
⑵レベルMAXでスピード・瞬発力がカンスト!圧倒的なスピード!

 

ジョー・ゴメス(リヴァプール/CB)

 

⑴CBとしてはかなりのスピードを誇る!
⑵ディフェンスセンスとボール奪取が強化され、ディフェンス能力も高い!
⑶マンマークのスキルがなく、競り合いにもあまり強くないのでSB起用が良い?

 

要検討

選手名総合値ポイント
ホセ・マリア・ヒメネス84(-)プレースタイルがハードプレスに変更。
ファビーニョ84(-)ディフェンスセンスやヘディングがアップしたものの、パス能力やスピードがダウン。
トマス・パーティ84(-)コンディション安定度は6にアップ。
コンドグビア84(-)コンディション安定度は6にアップ。闘争心のスキルが追加。
マルコス・アロンソ84(+1)LB登録に変更。パス能力は上がったものの、ボルコンやドリブル、フィジカルコンタクトはダウン。
ジョン・ストーンズ84(+1)ヘディングやディフェンスセンス、ボール奪取などがアップ。スピードと瞬発力がダウン。
サミ・ケディラ83(-)キャプテンシーのスキルが追加。
クレモン・ラングレ83(+1)フィジカルコンタクトが強化。プレースタイルがビルドアップに変更。
サビッチ83(-)プレースタイルがハードプレスに変更。
ロドリゴ83(-)コントロールループのスキルが追加。
リンガード82(+1)RMFに変更。ドリブルやスピードがダウンし、決定力や瞬発力がアップ。
ヨナタン・ター82(-)プレースタイルがビルドアップに変更。
ダコナム82(-)コンディション安定度は7にアップ。プレースタイルがハードプレスに変更。
ナチョ82(-)プレースタイルがハードプレスに変更。
ロドリ82(-)コンディション安定度は7にアップ。
ラッシュフォード82(+1)ドリブルやスピードは上がったものの、決定力やスタミナがダウン。
オヤルサバル81(-)ボルコンやドリブルはアップしたものの、スピードや瞬発力はダウン。

アプデ前育成

選手名総合値ポイント
クリスティアン・パボン83(+1)ドリブルやグランダーパスがダウンし、ディフェンスセンスやボール奪取などディフェンス系能力がアップ。総合値は上がったものの、能力値は微妙に。
アントニー・マルシャル83(+1)パス能力やカーブは上がったものの、瞬発力やボディコン、フィジカルコンタクトがダウン。パスが上手くなった一方で、特有の突破力が失われてしまいました。
ダニ・アウベス83(-)ディフェンスセンス+9とディフェンス面は強化されたものの、ボルコンやドリブル、スピードなど持ち味の部分がダウン。
ケイタ・バルデ82(-)RWGに変更。ボルコン、ドリブル、スピードがダウン。
フェイサ81(-)プレースタイル(com)のロングパサーが削除。そこまで影響はなさそう。

以上、アプデ前後に獲得した選手のどっちを育成すべきか【金玉編】でした!

ぜひ参考にしてみてください!

 

また、もう少し具体的に能力値などの変化をみたい方は以下のツイートを参考に、「PES DB 2019」から検索してみてください!

 

アプデの能力値変化はこちら

▶︎【2/7更新】黒昇格&黒玉選手の総合値・能力値UP等の変化まとめ

▶︎【2/7更新】金昇格&金玉選手の総合値・能力値UP等の変化まとめ

 

アプデ前後に獲得した選手のどっちを育成すべきか【黒玉編】はこちら
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!