有能監督のゲットチャンス再来!絶対に獲得しておくべき有能監督まとめ:ウイイレアプリ

10/10のメンテナンス明けから「マネージメント能力に優れた監督が登場!」という所謂、有能な監督をゲットできるチャンスが再来しました!

そこで、今回は「絶対に獲得しておくべき有能監督」を7名ピックアップしてまとめました!

ゲットチャンスは10/24までなので、まだ獲得していない方は、ぜひ獲得してみてください!

ディエゴ・シメオネ(マネージメント能力:770)

◆概要


・アトレティコマドリードの現監督で、感情を表に出しまくる熱い監督です!

◆戦術

オフェンシブ戦術ディフェンシブ戦術
攻撃タイプカウンターカウンター
ビルドアップショートパスロングパス
攻撃エリア中央中央
ポジショニングフォーメーション重視フォーメーション重視
守備タイプリトリートリトリート
追い込みエリア中央中央
プレッシングアグレッシブアグレッシブ

・オフェンシブ戦術とディフェンシブ戦術で、ビルドアップが変わります。

◆スカッド例

◆おすすめポイント
マネージメント能力770と2番目に高く、比較的選手コストの自由がきく
⑵守備の時には引いて、中央に追い込みパスが入ったところにプレスをかける守備タイプであるため、守備がかなり固い
R・LMFはCMFにも変更可能なので、中盤の枚数を増やす戦術もとれる

個人的に使いやすさNo.1の監督です!何と言っても守備がしやすい点が魅力
相手の前線に強力な選手がいる場合でも、中央に追い込んで守りやすいので★5スカッドで愛用してます。

※PS4版のWE2019では中盤4枚がフラットに並ぶ布陣に変更されています。

ヨアヒム・レーヴ(マネージメント能力:770)

◆概要


・ドイツ代表現監督。2012年ブラジルW杯ではドイツ代表を優勝に導きました。

◆戦術

オフェンシブ戦術ディフェンシブ戦術
攻撃タイプポゼッションポゼッション
ビルドアップショートパスショートパス
攻撃エリアサイドサイド
ポジショニング流動的流動的
守備タイプフォアチェックフォアチェック
追い込みエリアサイドサイド
プレッシングアグレッシブアグレッシブ

・オフェンシブ戦術とディフェンシブ戦術で、変化はありません。

◆スカッド例

◆おすすめポイント
⑴シメオネ同様、マネージメント能力770と2番目に高く、比較的選手コストの自由がきく
⑵中盤が厚く、ポゼッション戦術であるため、試合を通してボールキープ率を高く保てる
⑶OMFが攻撃の核となるため、OMFを上手く使いこなせるかがキモ

中盤の数が多く、ポゼッションが本当にしやすい監督です。
OMFを使いこなせるかがかなり重要になるため、ここに配置する選手は慎重に選びましょう。個人的には、パス・ドリブル・フィニッシュとどれも高水準でできる「メッシ」や2列目からの飛び出しのプレースタイルをもつ「アザール」なんかがおすすめです!

ユルゲン・クロップ(マネージメント能力:695)

◆概要


・リヴァプールの現監督。「ゲーゲンプレス」を生かしたショートカウンター戦術を得意とします。

◆戦術

オフェンシブ戦術ディフェンシブ戦術
攻撃タイプポゼッションポゼッション
ビルドアップショートパスショートパス
攻撃エリア中央中央
ポジショニング流動的流動的
守備タイプフォアチェックフォアチェック
追い込みエリア中央中央
プレッシングアグレッシブアグレッシブ

・オフェンシブ戦術とディフェンシブ戦術で、変化はありません。

◆スカッド例

◆おすすめポイント
⑴前線3枚の連携が非常に重要で、短いパスを細かく繋ぐ意識で攻めると攻めやすい
中盤でプレスをかけてボールを奪い、ショートカウンターがしやすい
⑶守備の際は、基本的には中盤にカーソルを合わせて操作。CBをむやみに飛び出させないことに注意。

前線3枚の連携が上手くできれば、かなり攻めやすい監督です。
対人戦に使っても強い監督ではありますが、個人的にはCOM戦で使うことが多いです。というのも、COM相手だと攻撃の際に手数が必要となることに加え、COMが細かいつなぎに対して対応が遅いため、攻めやすくなるからです。

セバスチャン・べテンコウト(マネージメント能力:660)

◆概要


・リネームになっていますが、ブラジル代表現監督の「チッチ」です。2018年ロシアW杯は残念な結果に終わりましたが、2022年カタールW杯まで続投とのことなのでこれからの采配も楽しみですね。

◆戦術

オフェンシブ戦術ディフェンシブ戦術
攻撃タイプカウンターカウンター
ビルドアップショートパスショートパス
攻撃エリアサイドサイド
ポジショニング流動的流動的
守備タイプフォアチェックフォアチェック
追い込みエリアサイドサイド
プレッシングセーフティセーフティ

・オフェンシブ戦術とディフェンシブ戦術で、変化はありません。

◆スカッド例

◆おすすめポイント
4-3-3では珍しいカウンター戦術で、枚数をかけて縦に速い攻撃ができる。
中盤は2CMF・1DMFとなり、DMFにアンカーを置いたりすることで守備が安定する。
⑶クロップ同様、守備の際は、基本的には中盤にカーソルを合わせて操作特にDMFで攻撃の芽を潰すイメージ。CBをむやみに飛び出させないことに注意。

前線3枚&カウンター戦術であるため、縦に速い攻撃を仕掛けやすい監督です。
攻撃の時には、中盤であまりパスは繋がず、前線に叩いて、前線3枚を中心に崩す、DMFにはアンカーを置いて守備に専念させるなどの工夫が必要かと思います。

ホセ・ペケルマン(マネージメント能力:630)

◆概要


・2018年ロシアW杯は日本とも対戦したコロンビア代表の元監督。世代別のアルゼンチン代表監督としても結果を残すなど名将です。

◆戦術

オフェンシブ戦術ディフェンシブ戦術
攻撃タイプカウンターカウンター
ビルドアップショートパスショートパス
攻撃エリアサイドサイド
ポジショニング流動的フォーメーション重視
守備タイプフォアチェックリトリート
追い込みエリアサイド中央
プレッシングセーフティアグレッシブ

・オフェンシブ戦術とディフェンシブ戦術で、ポジショニング、守備タイプ、追い込みエリア、プレッシングが変わります。

◆スカッド例

◆おすすめポイント
⑴見ての通り、前線3枚が密集しており、3CFも可能。また、CMFはOMFにも変更でき、圧倒的な攻撃的布陣が実現できる!
⑵攻撃的なぶん、守備が手薄になりがち。特にサイドからの攻撃に弱いので、4CBにするなどして守備を固める必要あり。

前線3CF/ST&カウンター戦術であるため、圧倒的な攻撃力を武器に攻撃を仕掛けやすい監督です。
べテンコウト同様、攻撃の時には、中盤であまりパスは繋がず、前線に叩いて、前線3枚を中心に崩すのが基本になります。
個人的には、対戦相手のDF陣が比較的弱い場合が多い★2・3スカッドなどで使うと、かなーり攻めやすく攻撃力を発揮します!

※PS4版のWE2019では4-5-1のレーヴに近い布陣に変更されています。

エルネスト・バルベルデ(マネージメント能力:550)

◆概要

・バルセロナの現監督。

◆戦術

オフェンシブ戦術ディフェンシブ戦術
攻撃タイプポゼッションポゼッション
ビルドアップショートパスショートパス
攻撃エリア中央中央
ポジショニング流動的流動的
守備タイプフォアチェックフォアチェック
追い込みエリア中央中央
プレッシングアグレッシブアグレッシブ

・オフェンシブ戦術とディフェンシブ戦術で、変化なし。


◆スカッド例


※18C現在はシメオネのように2トップと中盤はフラットに変更されています。

◆おすすめポイント
⑴4-4-2の布陣で、ポゼッション戦術であるため、ボールキープ率を高めながら試合運びができる
⑵攻撃タイプ[中央]であることから、攻撃時には2トップと中盤4枚で細かくつなぎながら、ジワジワと攻めていくことができる。
⑶守備に関しては、なるべく中盤で潰し、裏抜けなどに注意しておけば比較的守りやすい。

2トップと中盤4枚で細かくつなぎながら、攻めることができるので、短いパスが得意なユーザーにとっては攻めやすいと思います。
使いやすさの割に、マネジメント能力が低いので、★2・3スカッドで愛用してます。

ジョルジェ・ジェズス(マネージメント能力:525)

◆概要


・スポルティングリスボンの現監督。

◆戦術

オフェンシブ戦術ディフェンシブ戦術
攻撃タイプカウンターカウンター
ビルドアップショートパスショートパス
攻撃エリアサイドサイド
ポジショニング流動的フォーメーション重視
守備タイプフォアチェックフォアチェック
追い込みエリアサイドサイド
プレッシングアグレッシブアグレッシブ

・オフェンシブ戦術とディフェンシブ戦術で、変化なし。

◆スカッド例

◆おすすめポイント
⑴2トップに加え、二列目にR・L・OMFと前線にかなりの比重が置かれた超攻撃的布陣
⑵攻撃エリア[サイド]であることから、攻撃時にはR・LMFが積極的に上がってくるため、手数が増え、攻撃の選択肢が非常に広がる。攻めやすい。
⑶守備に関しては、DMFの負担が大きくなるので、いかにDMFを使いこなして相手の攻撃の芽を潰すかが重要

前線にかなりの比重が置かれた超攻撃的布陣が魅力で、攻撃の手数が多く、本当に攻めやすい。
一方で、守備には脆さがあり、DMFやSBを上手く使いこなす必要があります。
ペケルマン同様、対戦相手のDF陣が比較的弱い場合が多い★2・3スカッドなどで使うと、攻めやすく持ち前の攻撃力を発揮してくれます!

以上、絶対に獲得しておくべき有能監督7名の紹介でした!

冒頭にも書きましたが、ゲットチャンスは10/24までなので、まだ獲得していない方は、ぜひ獲得してみてください!

最新情報をチェックしよう!