【確定スカウト&WE2019新能力値】WE2019では黒昇格!アルゼンチンの闘将CB「ニコラス オタメンディ」


17-18シーズンのマンチェスターシティの躍進を支えた闘将CB「オタメンディ」選手!

強靭なフィジカルを活かした激しい守備が魅力なCBです。

W杯決勝トーナメント1回戦フランス戦では、相手に水かけやボール蹴りつけなど悪童っぷりが話題となりましたね…笑

WE2019では黒昇格濃厚なので、今のうちに獲得しておきたいですね!

ニコラス オタメンディ

◆ 基本情報

国籍:アルゼンチン
所属:マンブルー(マンチェスターシティ)
<クラブ歴>2008年に母国のベレス・サルスフィエルドでプロデビュー。09シーズンにはレギュラーに定着し、リーグ優勝に貢献。翌10シーズンにはフル代表デビューも飾り、同年を通しての活躍により南米ベストイレブンに選出されました。2010年にポルトに移籍すると、2014年にバレンシアに移籍。途中、ローン移籍もはさみ、バレンシアでは14-15シーズンのリーグ4位に貢献しました。その後、活躍が認められ、2015年にマンチェスターシティに移籍しています。
<代表歴>2009年にフル代表デビューを飾ると、2010年南アフリカW杯のアルゼンチン代表メンバーに選出されました。しかし、準々決勝ドイツ戦では、思うようなプレーを見せられず、チームも敗北し、彼のプレー自体も批判されてしまいました。その後、2014年ブラジルW杯ではアルゼンチン代表メンバーから落選してしまう憂き目にあいますが、2018年ロシアW杯では選出され、レギュラーとして活躍しました。

浮き沈みの激しいキャリアを送ってきた「オタメンディ」選手。しかし、17-18シーズンはクラブ・代表どちらでも重要なキーマンとして活躍しました。

 

◆ 能力値(WE2018)

【メリット】
・レベル30で、ディフェンスセンス:86、ボール奪取:88とかなりディフェンス系の能力が高いです。
ヘディング:89、ジャンプ:90でヘッダー持ちと、かなり競合いに強いです。
ボディバランス:84とフィジカルも強いです。

【デメリット】
・マンマークのスキルがありません。
・足元の技術やパス系の能力は低いです。
・スピードや瞬発力も低いです。
・コンディション安定度:4と安定感に欠けます。

ディフェンス能力と競合いにかなり優れたCBです。ただ、コン安やマンマークを持っていないため、少し使いにくい選手ではあります。

 

◆ 能力値(WE2019)総合値:86(+3)
・強みであるディフェンス系能力と競合い、フィジカル面の能力が強化されています。

◆ 確定スカウト
1:マンブルー + アルゼンチン
2:マンブルー + ヘディング/ジャンプ + 攻撃エリア[中央]/追い込みエリア[中央]/攻撃タイプ[カウンター]

マンブルーのスカウトは高いので結構GPが必要になりそうです。ただ、戦術系スカウトによる確定もできるのでそちらがオススメです!

以上、WE2019では黒昇格!アルゼンチンの闘将CB「ニコラス オタメンディ」選手の紹介でした。

ぜひ、使ってみてくださいね!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!