ウイイレアプリ2019で金玉降格濃厚な9選手の「新能力値」

8/30のWE2019発売に伴い、WE2019で金玉降格してしまった9選手の「新能力値」が判明しました。

本記事では、その新能力値についてまとめてみました。

調べてみると、残念ながら金玉に降格してしまった選手でも逆にコスパが良くなるケースもあったので、降格したからといって放出してしまうのは勿体無いかもしれませんよ!

まず、WE2019で金玉降格濃厚な9選手は以下の選手です。
・アルバロ・モラタ(85→84)
・カジェホン(85→84)
・マルキージオ(85→83)
・ファン・マタ(85→81)
・クアドラード(85→84)
・ぺぺ(85→84)
・バルザーリ(86→84)
・コシェルニー(85→ 84)
・チェフ(85→83)

この9選手に関しての詳細はこちらの記事をご参照ください。

それでは順に新能力値を見ていきましょう!

※マルキージオの能力値が見つからなかったので、見つかり次第追記します!すいません!

 

◆ アルバロ・モラタ(ロンドンFC/スペイン)

総合値:85→84
全体的にダウンしており、決定力(-3)やスタミナ(-5)の低下などが残念です。
コンディション安定度:4(-2)と大幅ダウンしています。

◆ カジェホン(ナポリ/スペイン)

総合値:85→84
・キック力(-1)やスタミナ(-3)が下がっているものの、大幅な能力値ダウンはありません
・スキルに「ワンタッチパス」が追加されています。

これはWE2019でもかなり有能な金玉になりそうです!

 

◆ クラウディオ・マルキージオ(所属未定/イタリア)
総合値:85→83

◆ ファン・マタ(マンレッド/スペイン)

総合値:85→81
・なんと能力値変化なしです!(もしかしたらバグかも?)

能力値の変化がなく、総合値が下がっただけだとしたら相当有能な金玉になるのではないでしょうか!

 

◆ ファン・クアドラード(PMブラックホワイト/コロンビア)

総合値:85→84
・スピード(-1)、瞬発力(-1)など武器であるスピードの能力値が低下したものの、決定力(+4)やヘディング(+13)は強化されており、バランスの良い能力値になりました。

 

◆ ペペ(ベシクタシュ/ポルトガル)

総合値:85→84
・スピード(-3)、ジャンプ(-4)、スタミナ(-8)と能力値が低下しているものの、ヘディング(+5)、瞬発力(+3)、ボディバランス(+3)と強化されている能力もあります。
「インターセプト」「ヘッダー」「アクロバティッククリア」などのスキルが追加されています。

低下した能力値はあるものの、競合いやフィジカル面が強化されており、スキルの追加やコン安:7と安定感もあるため、非常に有能な金玉CBになりそうです!

 

◆ バルザーリ(PMブラックホワイト/イタリア)

総合値:85→84
ディフェンスセンス(-2)、ボール奪取(-2)とディフェンス系の能力が下がり、スピード(-6)やボディバランス(-1)も下がっています
コンディション安定度:6(-1)とダウン。
「インターセプト」のスキルが追加されています。

能力値のダウンは結構あるものの、競合いやディフェンス系の能力に優れているため、引き続き有能な金玉CBとして使えそうですね!

 

◆ コシェルニ(アーセナル/フランス)

総合値:85→84
・ヘディング(-2)、ディフェンスセンス(-2)、ボール奪取(-3)などディフェンス系の能力が低下。
コンディション安定度:4(-2)と大幅ダウン。

 

◆ ペトル・チェフ(アーセナル/チェコ)

総合値:85→83
・プレースタイルが「守備的GK」に変更。
コンディション安定度:3(-2)と大幅ダウン。
・GKセンス(-1)、キャッチング(-1)、クリアリング(-12)、コラプシング(-6)、ディフレクティング(-3)とGKスキルは全体的に低下。特に、クリアリングの大幅ダウンは致命的な能力低下です…

 

まとめ

せっかく黒玉選手が当たったのに金玉降格してしまうのは悲しいですが、今回紹介したカジェホンやマタ、ぺぺ、バルザーリなど有能な金玉になる選手もいるため、なるべく確保しておくべきかと思います。

以上、ウイイレアプリ2019で金玉降格濃厚な9選手の「新能力値」でした!

何かの役に立てば幸いです!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!